目次 》

深見木藝では一般的な家具屋さんより手道具を多く使います。

様々な大きさや形の鉋(カンナ)や鑿(ノミ)を使いながら、

手道具でしかできない、求める形状に削っていきます。

美しい仕上がりと同時に、木工の仕事の魅力が手道具にはあります。

ひとつの家具を作るためには沢山の道具が必要です。

鉋や鋸などの手動具も必要ですが、

途中では多くの機械を使って合理的に仕事をしています。

大切なのはどんな道具を使うのかではなく、

どんなモノができるかが大事なこと。

伝統的な道具や技術を大切にしながらも

新しいことにチャレンジすることを心掛けています。


Copyright (C) 2011 Fukami Mokugei . All Rights Reserved.